疲れが取れない、足がツルは肝臓疲労のサイン?

MENU

疲れが取れない、足がツルは肝臓疲労のサイン?

「うわー最近のみすぎだなー、肝臓疲れてるだろうなー」ひとはだいたい、お酒を飲んだあとになんとなく体調がすぐれない時、肝臓の疲労を疑います。
でもこれってなんとなく?なんですよね。なかなかこれといってハッキリとしたサインを出してくれない肝臓。
肝臓疲れ起こすとどんなサインがあるのか?実はよく知らない方も多いのではないでしょうか。
ここではそんな肝臓疲れのサインを集めてみました。

 

 

1)疲れが取れない
肝臓は毒素の分解や排出だけでなくエネルギーの生産や貯蔵も行っています。それら様々な機能の低下が慢性的な疲労として現れてきます。

 

2)朝が起きにくい、いつも眠い
肉体的な疲労に加え、脳へのエネルギー供給が不足し、眠気や起きにくいという症状が出るようです。

 

3)イライラする、不安感
脳へのエネルギー供給不足によって精神的不安やイライラ、怒りっぽいといった症状があらわられることがあるようです。

 

4)こむら返り、足がツル
肝硬変の患者さんの悩みに多いのがこれ。メカニズムは解明されていませんが、アミノ酸異常によるものではないかと言われています。
こむら返りが頻繁に起るようなら肝臓が異常をきたしているサインかも

 

 

いかがでしたか?
イライラする、不安感など肝臓が精神的にも影響を与えると言うのは意外だったのではないでしょうか。
肝臓は肉体的な疲労だけでなく、脳の疲労回復にも関わってくるようですね。

 

 

疲れやイライラなど、”なんとなく?”でしか判断できないばかり、このなんとなく?のサインを見逃さないよう。
普段から体調には注意しておきたいものです。