B型肝炎になってしまい療養しました

MENU

B型肝炎になってしまい療養しました

 

50代/女性 こぶたチャン さんから頂いた体験談です。


 

私は現在50代の女性ですが、40代初めにB型肝炎に感染してしまいました。
ある日身体がとてもだるくなって、家で休んでいましたら、主人が帰宅すると私の顔を見てびっくりしたのです。
「顔が黄色いよー!」と。

 

気が付いていなかったのですが、よく見ると身体中が黄色いのです。びっくりしてしまいました。
翌日病院に行って診断してもらうとB型肝炎だったのです。
感染症だそうなので、どこで感染したのか、医師の先生からいろいろ質問を受けました。
実は、海外駐在している時に、手術をしたのですが、そこで院内感染したのだろうという結論でした。

 

その手術の折りは、輸血をしていたら、輸血血液からと想定されたのですが、結局輸血はしなかったので、院内感染と考えるのが妥当だろうという事でした。
その日に即入院をしました。

 

 入院をしても特別の治療をすることはありませんでした。
とにかく動かずに休んで下さいと言われて、一か月近く病院のベッドで静かに過ごしました。
 肝臓というのは、身体の全ての臓器の基本だそうで、例えば薬を飲むと、薬の成分は先ず肝臓に行って、肝臓から身体にいきわたらせるので、
薬も投与されませんでした。

 

薬を投与してしまうと、肝臓を働かせる結果になってしまうので、肝炎が治りずらくなってしまうのだそうです。
ですから、とにかく薬の飲まず、手術をすることも無く、ただただゆっくり休むことと言われて、療養していました。
 結果的には療養の結果、肝炎は治ったので、治療方法としては極めて自然な方法で、治って良かったです。
ですが、一か月も病院のベッドで寝たきりの生活というのは辛いものでした。

 

何もすることが無いので一日が長いということもそうですが、
寝ているだけで起きて歩かないので、足の筋肉が弱ってしまい、退院する時は自力で歩行ができませんでした。
又、栄養を付ける食事をとって、ただただ休んでいるだけで、運動ができないので、
とにかく太ってしまいまして、それからというもの肥満の身体が戻らなくなってしまいました。

 

その結果今も高血圧になっています。
 肝臓は本当に大事な臓器なんだと実感しました。
肝炎は治ったので良かったのですが、肝臓に不安を抱えている皆さんは、お酒や暴飲暴食などに気を付けて、
とにかくしっかり休息することが大切だと思います。
ご参考になれば幸いです。

海外での手術で院内感染!B型肝炎になってしまい療養しました関連ページ

酒を飲まない私が肝臓と腎臓の検査で異常が出た意外な原因とは
ガンマgtpが140で献血でNG判定!休肝日を作って半年続けた結果
毎日のワインで肝臓が悲鳴 ドクターストップから脱却できた私の肝臓対策
主婦は要注意!肝臓の数値を悪化させていたお酒以外の意外な原因とは?
身体がだるい・視力が低下・足のしびれにご用心!B型肝炎が発覚した私の検査、治療とその後
休肝日は効果なし?あり?週に2日の休肝日を始めた結果、肝臓の数値と尿酸値に変化が
お酒飲まないのに脂肪肝、その後糖尿まで発症!そんな私が数値を正常値にまで戻した方法
旦那のお酒の量を減らしたい!我が家が成功できた対策とは
『体験談』人間ドックで見事に標準以上の数値が…
『体験談』本当に怖い肝臓の病気 C型肝炎
『体験談』休肝日とウコンでガンマGTPとALTが大幅に改善
『体験談』夫も私も大酒飲みなので肝臓にいい食生活を始めました
『体験談』ガンマgtpの数値が135 お酒を減らし、タバコをやめ、秋ウコンを飲み続けた結果
『体験談』少し飲んだだけでだるくて眠い お酒との付き合い方を気にして健康に飲む
『体験談』健康診断でγ-GTP値が500超え!一滴もお酒は飲まずバランスよく、良質のたんぱく質をとるようにした結果
『体験談』毎日たくさん飲酒するのに私の肝臓が元気なわけ