酒を飲まない私が肝臓と腎臓の検査で異常が出た意外な原因とは

MENU

肝臓が悪くなる意外な原因

 

40代/男性 たかちゃん さんから頂いた体験談です。


 

40代で、税理士をしているものなのです。私はお酒は、まったく、飲めず、いわゆる下戸です。

きっかけとなったのはヘルニア

自分は、運転することが、多く、スーパーカブや、自動車を、運転していたのですが、特にスーパーカブなど運転すると、肩や腰に振動がきて、しだいに、痛みが出てきました。

 

そして、デスクワークが、その後多くなってきて、パソコン等の仕事が多くなって、きたのですが、そのことにより、腰の方は、しびれてきて、しまいには、肩の痛みもでてくるようになりました。

 

症状がひどくなりしだいに耐えられなくなり、しばらく仕事も休業しなければならなくなり、この際思い切って、この痛みや痺れを治さないとと思い、整形外科に通ったのですが、その後、検査をしましょうといううことになり、レントゲンを、取り、めだった異常が、見つからなかったことから、今度は、MRIを、とることになりました。

 

その結果、腰椎の5番目、6番目にヘルニアが、あることがわかり、手術をするか、固定した保存治療を、行うかという選択を迫られ、自分は、内臓は、芳しくなく、とくに大腸のほうが、過敏性大腸炎があったので、当時その病院では、前から、開いて、大腸等を、とりだして行う手術が、一般的と聞いていたので、こわかったといううのもありますし、大腸の病気は、とくにひどくなると聞いていたので、腰を、ベルトで固定する保存療法をすることにしました。

ヘルニアのため痛み止めを使用するように

しかし、痛みに耐えられず、痛み止めを、使用するようになり、病院から、最初セデスを服用しました。それでも効かないものだから、ボルタレン等を使用するようになりました。その後小便の出が悪くなり、なんとなく、つかれ、顔が、すこし黄色身がついたような気がしたものですから、内科に、定期的に通って血液検査を、うけていいました。

痛み止めが肝臓と腎臓を悪くしていた

検査結果は腎臓の数値であるegfrだけでなく、γ-gtpまでが、悪くなり、病院の先生に自分は、アルコールは、飲まないのになぜ、肝臓まで悪くなるのか、とたずねたところ、痛み止めが、影響していることを、言われました。

 

特にセデスを飲み過ぎると良くないことを指摘され、痛み止めを飲まないですむよう、整骨院等にあっちこっちと探し通い腹筋や、ストレッチで、自分でも筋肉強化を、した結果、痛み止めを飲まなくてよくなりました。それから1〜2ヶ月くらい経って、血液検査をした結果、γ-gtpも正常に下がり自分としては、意外なことで、肝臓が悪くなることを、知りました。

 

お酒を飲まないのに肝臓が悪い、という場合は毎日飲んでいるもの、食べているものに注意ですね。
アセトアミノフェン、ハロウセンといった麻酔鎮痛薬は特に薬剤性肝炎への懸念があると言われています。また、人によって肝臓を悪くする薬にはかなり個人差があると言われ、この薬はOK、この薬はダメ、とは簡単には言えないのだそうです。
結局自分の体の健康は自分で守るしかないですから、怪しい体調変化を感じたら先のばしにせず、早めに検査に足を運ばないといけませんね。


酒を飲まない私が肝臓と腎臓の検査で異常が出た意外な原因とは関連ページ

ガンマgtpが140で献血でNG判定!休肝日を作って半年続けた結果
海外での手術で院内感染!B型肝炎になってしまい療養しました
毎日のワインで肝臓が悲鳴 ドクターストップから脱却できた私の肝臓対策
主婦は要注意!肝臓の数値を悪化させていたお酒以外の意外な原因とは?
身体がだるい・視力が低下・足のしびれにご用心!B型肝炎が発覚した私の検査、治療とその後
休肝日は効果なし?あり?週に2日の休肝日を始めた結果、肝臓の数値と尿酸値に変化が
お酒飲まないのに脂肪肝、その後糖尿まで発症!そんな私が数値を正常値にまで戻した方法
旦那のお酒の量を減らしたい!我が家が成功できた対策とは
『体験談』人間ドックで見事に標準以上の数値が…
『体験談』本当に怖い肝臓の病気 C型肝炎
『体験談』休肝日とウコンでガンマGTPとALTが大幅に改善
『体験談』夫も私も大酒飲みなので肝臓にいい食生活を始めました
『体験談』ガンマgtpの数値が135 お酒を減らし、タバコをやめ、秋ウコンを飲み続けた結果
『体験談』少し飲んだだけでだるくて眠い お酒との付き合い方を気にして健康に飲む
『体験談』健康診断でγ-GTP値が500超え!一滴もお酒は飲まずバランスよく、良質のたんぱく質をとるようにした結果
『体験談』毎日たくさん飲酒するのに私の肝臓が元気なわけ